新年の挨拶

J-DREAM会員各位

 

明けましておめでとうございます。本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆様のご協力・ご支援のお陰で、実質活動の4年目(第4期事業年度)の初春を迎える事が出来ました。誠に喜ばしいことです。

本年の干支は、己亥(つちのとい)で「新芽が芽吹き、新たな胎動が始まる可能性がある」との謂れもあり、J-DREAM (Japan-Domestic Resources and Energy Association for Marine-frontier)を、いよいよ躍進の年とすべく活動して参る所存です。

昨年5月半ばに「第3期海洋基本計画」が閣議決定され、それを受けて「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」の改定が着手されているところです。

我々J-DREAMは、上記計画の進捗状況を注視しつつ独自にJ-DREAM分科会や勉強会を開催して海洋資源・エネルギー開発に関し国際的知見を高め、パブリック・コメント等の機会を捉え広く提言したいと考えております。J-DREAM会員は「量より質、少数精鋭」を旨として活動して参りましたが、今後は世代交代、成果伝承を目指す必要があります。会員諸兄の知人、友人の中に、海に賭ける夢やロマンに興味をもつ意欲的な人材や有志の方々がいらっしゃれば、是非、J-DREAMのホームページを通し、入会をお勧め下さい。

皆様のご健康と更なるご活躍を祈念して新年の挨拶と致します。

 

2019年 正月

(一社)日本海洋資源・エネルギー開発協会(J-DREAM)

会長  藤田 和男

理事長 大石 長造